ニュース

2013年3月アーカイブ

2013年4月8日(月)記者発表 「全国主要都市、子宮頸がん予防対策実態調査評価発表」

2013年4月8日(月)記者発表 「全国主要都市、子宮頸がん予防対策実態調査評価発表」


30才代をピークに年間15,000人の女性が罹患し3,500人が死亡している子宮頸がんは検診により前がん病変で発見できる為、予防ができるがんです。そして、平成25年度よりHPVワクチン定期接種化が決まり確実に多くの人たちがその恩恵を受けて予防ができる疾患になりました。
平成24年6月にがん対策基本推進計画が閣議決定され、その中で「働く世代のがん対策充実」があり重点的に取り組むべき課題として挙げられています。
若年層、特に20代30代の検診受診が重要です。しかしながら、受診者の目線に立った行政サービスが行われているとは言えない状況が検診受診率の低迷に結びついていると考えています。また、長年のシステム運用によって、料金・受診期間・受診券の送付方法・申し込み方法などローカルルールが様々存在し、地域差が生まれています。
本年から主要50都市と東京都内市区町でアンケート調査を行い、各地で実践される検診施策を『市民の視点から専門家(がん対策・産婦人科医・元保健所 所長・市民啓発団体・地域プランナーなど)の評価委員と共に評価(S・A・B・C・D)を行い』報告書にまとめ、評価が低いところにはエールを送り、今後の子宮頸がん予防対策の底上げを狙います。また、HPVワクチンに関しては提言にまとめます。
※国からの子宮頸がん検診指標とは違う市民と専門家が独自に策定した指標です。


【記者発表 詳細】

■日時 平成25年4月8日(月) 14:00?14:30 30分程度
■場所 厚生労働省記者会室(千代田区霞が関1-2-2中央合同庁舎第5号館9F)

■概要
1、子宮頸がん予防対策実態調査実施に関する経緯説明
2、何故、子宮頸がんが他のがんより優先されるのか?
3、調査結果・評価結果発表など

■評価委員
今井 博久  国立保健医療科学院 統括研究官
今野 良   自治医科大学附属さいたま医療センター産婦人科教授
青山 キヨミ 財団法人労働衛生協会 嘱託医 、元港区みなと保健所 所長
川北 秀人  IIHOE[人と組織と地球のための国際研究所] 代表者CEO
江夏 亜希子  四季レディースクリニック 院長 NPO法人 子宮頸がんを考える市民の会 理事
渡部 享宏   NPO法人 子宮頸がんを考える市民の会 理事長


【取材をご希望される報道関連の皆様へ】

混乱を避ける為、できる限り事前に取材受付を行っております。
事前に下記を記入したメールにてお申し込みをお願いいたします。
・貴社名 
・媒体名                   
・所属部署
・電話番号
・FAX                   


【本件に関する問い合せ】

NPO法人 子宮頸がんを考える市民の会 事務局 渡部享宏(わたなべたかひろ)・横田
TEL:03-6689-0590 FAX:03-6689-0627 watanabe@orangeclover.org http://www.orangeclover.org/
〒111-0016  東京都台東区台東1-9-6水作ビル402
当日連絡先:携帯080?1213?9537 担当 渡部享宏・横田まい子

入会案内 Enrollment

子宮頸がん予防・啓発グッズ Goods

予防の大切さを伝える講師派遣 Lecturer dispatch

お問い合わせ Inquiry

主催・共催プロジェクト

みんな子宮から生まれてきた LOVE49♥

子宮を大切に想い、子宮頸がんの予防を伝えるプロジェクト

SICUTE

みんなの疑問に答える「子宮頸がん」情報サイト、『子宮頸がん.jp』

インタビュー

河原 真木子さん
(医大生)

私が子宮頸がん検診のことを最初に知ったきっかけは、たまたま見学に行った病院で「子宮がん検診は20歳から」というポスターを見たことでした。

そのときはまだ、子宮頸がんについて詳しい知識もなく頭の片隅で気になりつつも「よし、検診に行こう」という気持ちには結びつきませんでした。

その後、大学の授業で婦人科学を習った際に、日本の子宮頸がんを取り巻く状況が深刻であることを知りました。
検診受診率の低さや、この病気が20代の若い女性に増えているということなどです。

それと同時に、とても大切なことを知りました。
それは「子宮頸がんは検診とワクチンによって予防することができる唯一のがん」であるということ。

これらの事を学び、自分の女性の一人として、とても他人事とは考えられませんでした。

まずは子宮頸がんについてもっと知らなければと思い、婦人科の先生にお話を伺ったり、関係書籍を読んだり、実際に子宮頸がんの治療が行われている現場に行きました。

その中で気づいたことは、子宮頸がんについて世間に発信されている情報がとても少ないということです。

病気のこと、検診のこと。知ってさえいれば防げたかもしれない方々を見ていると「子宮頸がん」という病気をもっと多くの方に知ってほしいという思いが強くなりました。
そこで、子宮頸がんを考える市民の会でボランティアをさせていただくことが、私の思いを叶えるための第一歩となりました。

福山 麗子さん
(会社員)

子宮頸がんのこと、ちゃんと知ってますか?「私だけは大丈夫」と思ってませんか?
・・・それは根拠のない「思い込み」です。

なぜなら、それは私自身もあなたと同じようにそう思っていたけれど、子宮頸がんになってしまったからです。
でも「私だけは大丈夫」と思いながらも、定期的に検診を受けていたため、初期の段階でがんを発見。
すぐに簡単な手術を受けて、子宮を失うことなく、今はこうして元気に快復しました。

検診を受けないと、具合が悪いかどうかなんて分からない。
ちゃんと検診を受けてさえいれば、この病気は決して恐いものではありません。
子宮頸がんは「たった一つのシンプルな方法」で防げるのです。

それは《定期的に検診を受ける》こと!
ぜひ子宮がん検診を毎年受けて、自分の大切な子宮と命を守って下さい。

堀 成美さん
(看護師/看護大学教員)

「愛がある」くらいでセックスしたら危ない。
対策もコンドームだけじゃ足りない・・・という人生の危機管理のツボを、学校では伝えきれていません。
「病気の人が増えると、儲かる大人がいるからだ」との小学生の指摘には絶句します。

生命や愛を大切にしろという前に、教える側にその「愛」=伝える努力が不足していないか、と考えなければ。セックスがはじまったら、女性に100%の安全なんてないのだから。

私自身は「将来病院の世話になりたくない 」「病気でお金が減るのはもったいない」という動機で、感染予防のワクチンに先行投資。
100%コンドームを使えない男はサヨウナラ。

そして年に1回、症状が無くても誕生月には乳がん・子宮がん・性感染症の検査をしています。

高山 須美子さん
(細胞検査士 子宮頸がんを考える市民の会・副理事長)

この検体、ちょっと見ていただけますか?」
「ん?…あぁ」
「26歳妊娠10週、妊婦検診の人です。どうですか?」
「そうだなぁ。上皮内がん(=ごく初期のがん)だろうな」
「ですよね。まぁこれなら出産可能でしょうから、妊婦検診を受けて良かったね、ってことですね」
「だね」

ここ数年、私の職場ではこんな会話が頻繁に交わされています。
若い世代の子宮頸がんの増加は驚く程で、これから更に増えていくと予想されます。
晩婚化や出産の高齢化の進む中、妊娠時以外でも積極的に検診を受けることが大変重要になります。

妊婦検診で発見できた人は幸運です。
当たり前のことですが、検診を受けていない人のがんは見つけることができないからです。

これを読んでいる貴女、最近検診を受けましたか?